札幌の爆発事故はなぜ起きた?【原因】発生元の不動産会社はどこ?

12月16日に起きた札幌市内のビルの爆発事故

死傷者は出ませんでしたが、計42人の方が怪我、ビルも全焼、周辺の建物もガラスが割れるなどの被害、ととても大きな被害が出た事故です。

爆発は凄まじかったそうですね、、、。
爆発現場の画像など見れば、跡形もなくなってるわけですから死傷者が出なかったのは不幸中の幸いです。

調査によれば、爆発元は不動産会社のようですが、一体何が原因で「爆発」が起きてしまったのか。

今回は札幌の爆発事故の理由不動産会社はどこなのか調べてみました。

札幌市内の爆発事故の概要

爆発事故は12月16日の午後8時30分ごろ、札幌市豊平区木造2階建てのビルで起きました。

ビルは5時間以上燃え、全焼

周りの建物も爆発の衝撃でガラスが割れるなどの被害が出たそうです。

計42人のけが人が出ましたが、死者は出ていません。

画像を見ても分かる通り「跡形もなくなった」ほどの大きな事故だったようですね。

建物が損壊して、周りの建物のガラス割るほどの爆発で死者が出なかったのは本当に不幸中の幸いですね。

跡形もなくなってしまうほどの爆発と火災であることがこの写真からもわかりますね。

札幌爆発事故はなぜ起きた?

札幌のこの大きな爆発事故は一体何が原因で起きたのか。

警察の調べによれば、ビルに入っていた不動産会社が爆発元ではないかとのことです。

当時、不動産会社の社員が、スプレー缶をなんと100本以上ガス抜き作業をしていたそうです。

なぜ100本もガス抜き作業を???という感じですが。

その後、手を洗うため湯沸かし器をつけたところ爆発が起きたそうです。

なぜ100本も?との疑問もそうですが、なぜ室内で、なぜ換気してなかったと調査することがまだまだ多いですね。

プロパンガスのボンベは損傷がなかった

ガス爆発となると、キッチンのガス漏れやプロパンガスのボンベからの漏れなどが疑われますが、プロパンガスボンベに関しては目立った損傷は見られなかったそうです。

事故後の現場写真でもアパマンショップが跡形もなく消えていることから、爆発元はアパマン。

従業員の証言からもスプレー缶のガス抜き処理が原因と間違いないでしょうね。

不動産会社はどこの会社か

雑居ビルに入っていた不動産会社はアパマンショップ平岸駅前店です。

そちらの従業員が「100個以上の除菌スプレー缶のガスを抜いた後、手を洗おうとしたら爆発した」と証言しています。

なんでもスプレーは業務用の除菌スプレーそうです。

改装のため閉店の予定だったようで、それに伴いスプレー缶を処分していたそうなのですが、これはスプレー缶の処分の方法も再度確認していかないといけないですね。

スプレー100本以上をガス抜くことはなかなか日常ではないかもしれませんが、スプレー缶を原因にする火災は十分に考えられますので、今一度処分方法を確認しておきたいですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しゃぶしゃぶ鍋騒動の芸能事務所はどこ?【動画】社長は誰?なぜ鍋に顔いれた?

カルロスゴーン容疑者の姉は実在する?いくら支払っていた?【日産会長】

新井浩文は何人?在日韓国人?本名は朴慶培で読み方は?国籍も調査

しゃぶしゃぶ鍋事件の動画は誰が撮った?なぜ今会見開いたのか。

「美しき酒呑みたち」福井編は放送日変更でなく休止!番組も終了か

竹田会長の汚職疑惑なぜフランスが?ゴーンとの関係は?オリンピックは中止になるのか